芸能人・経営者のおくやみ情報

ブランコ・シカティック 氏Branco Cikatic

キックボクシング選手、格闘家[クロアチア]

(初代K-1グランプリ チャンピオン)

2020年 3月23日 死去享年67歳

ブランコ・シカティック(Branko Cikatić、男性、1954年10月15日 - )は、クロアチア出身のキックボクサー。
最終所属はドージョー・チャクリキ。
初代K-1 GRAND PRIXのチャンピオンであり、「伝説の拳」「石の拳」と言われ驚異のKO率を誇った。
スイング(大きい弧を描きながら打つ大振りのフック)を得意技とし、実際に多数のフィニッシュ・ブローとなった。
また右ストレート、カウンター気味のショートの左フックも得意としていた。
'94 K-1 GRAND PRIX の佐竹戦には秘密兵器としてバックスピンキックも用意してきた。
ファイトプランの特徴として3round制でも5round制でも、必ず勝負ポイントに自分からプレッシャーをかけ倒しに行った。
この圧力は相当なものでチャンプア・ゲッソンリット、佐竹雅明、アーネスト・ホースト、アンドレ・マナートといった強豪が軒並みKOされており、特にホーストに対してはK-1以前の試合も含めると3戦して全勝している。

関連作品

「ブランコ・シカティック」と関連する故人