芸能人・経営者のおくやみ情報

川端俊介 氏(かわばたしゅんすけ)

元高校野球球児[日本]

(山際淳司の小説「スローカーブを、もう一球」のモデル)

2019年 10月22日 死去享年57歳

川端 俊介(かわばた しゅんすけ、1963年 - )は、日本の野球選手(投手)。
教師。
群馬県高崎市出身。
速球と落差のあるカーブを武器に活躍した。
山際淳司の小説「スローカーブを、もう一球」のモデルとして広く知られている。
高崎市立第一中学校で軟式野球部に入部し野球をはじめる。
卒業後、群馬県立高崎高等学校に進学、硬式野球部に入部。
高校2年の夏までは右サイドスローの控え投手であったが、OBの指導でオーバースローに変えたところ球威が増加し、エースとなった。
1980年秋の群馬県高校野球選手権で快投を続け、2回戦群馬県立沼田高等学校に5-2で勝利・3回戦前橋育英高等学校で13-0のコールド勝ち・準々決勝群馬県立前橋商業高等学校に7-2で勝利・準決勝群馬県立高崎商業高等学校に3-0で快勝し、関東高校野球選手権への出場を決めた。
決勝でも勢いは衰えず、群馬県立吉井高等学校に2-1で競り勝った。
関東高校野球選手権大会では、1回戦茨城県立水戸農業高等学校に8-0で快勝・2回戦國學院大學栃木高等学校に3-2で辛勝・準決勝茨城県立日立工業高等学校に2-0で競り勝って1981年春のセンバツ出場を決めた。

関連書籍

「川端俊介」と関連する人物(故人)