芸能人・経営者のおくやみ情報

ハンス・ツェンダー 氏Hans Zender

指揮者作曲家[ドイツ]

2019年 10月22日 死去享年84歳

ハンス・ツェンダー(Hans Zender, 1936年11月22日 - )は、ドイツの指揮者、作曲家。
ヴィースバーデンの生まれで、フランクフルトの音楽大学でピアノを学んで後、フライブルク音楽大学でヴォルフガング・フォルトナーに作曲を学ぶ。
当地のオペラ・ハウスのコレペティートルの後、ボン市立劇場、キール劇場、ハンブルク国立歌劇場などの音楽総監督を歴任。
過去にNHK交響楽団や東京都交響楽団に客演したり、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などで尹伊桑などの初演などを多く手がけ、バイロイト音楽祭にもホルスト・シュタインと交代でワーグナーの『パルジファル』を指揮。
後に自作をモルティエ時代のザルツブルク音楽祭で指揮したが、現代音楽祭をもはじめて創始したザールブリュッケン放送交響楽団のシェフを勤めた後、フリーの指揮者の傍ら作曲活動を活発化した。
現在、ミヒャエル・ギーレンと共にバーデンバーデン・フライブルクSWR交響楽団の首席客演指揮者。
フライブルクに住むが、最近のシーズンでは読譜の際の視力の悪化で主席客演指揮者を辞退している。

ミュージック

ダウンロード

「ハンス・ツェンダー」と関連する人物(故人)