芸能人・経営者のおくやみ情報

竹下守夫 氏(たけしたもりお)

法学者、弁護士[日本]

(一橋大学名誉教授・民事手続法)

2019年 10月2日 死去肺炎享年88歳

竹下 守夫(たけした もりお、1932年5月18日 - )は、日本の法学者、弁護士。
専門は民事手続法。
一橋大学名誉教授、学校法人駿河台大学顧問、日本学士院会員。
法務省特別顧問。
社団法人商事法務研究会理事。
一橋大学教授や、駿河台大学第4代学長、学校法人駿河台大学第2代総長を歴任。
1990年から1992年まで日本民事訴訟法学会理事長。
1984年から1988年まで日本学術会議民事法学連絡委員。
1993年アレクサンダー・フォン・フンボルト財団研究賞受賞、2002年カンボジア王国友好勲章(オフィシエ級)受章、2009年飯能市から表彰、2010年瑞宝重光章受章。
東京都荏原郡(現大田区)生まれ。
= 学歴 = 1951年 東京都立日比谷高等学校 1954年 大学4年在学時に司法試験第二次試験合格 1955年 東京大学法学部卒業 1957年 東京大大学院社会科学研究科修士課程修了 1959年 司法修習修了 1963年 東京大大学院社会科学研究科博士課程修了 1963年 法学博士(東京大学)(学位論文「訴訟契約の研究」) = 職歴 = 1959年 立教大学法学部専任講師 1963年 立教大学法学部助教授 アレクサンダー・フォン・フンボルト財団給費研究生としてマールブルク大学及びケルン大学留学 1969年 立教大学法学部教授 1970年 立教大学を退職し一橋大学法学部助教授就任 1972年 一橋大学法学部教授 1974年 アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の招聘によりケルン大学訴訟法研究所において海外研修 1990年 一橋大学法学部長(1992年まで) 1994年 アレキサンダー・フォン・フンボルト財団の招聘によりフライブルク大学法学部にて研究 1995年 国際交流基金派遣日本研究専門家として中国社会科学院法学研究所及び上海社会科学院にて海外研修 1996年 一橋大学を定年退官し一橋大学名誉教授及び駿河台大学法学部教授就任 1997年 弁護士登録(第一 ……

関連書籍