芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川龍生 氏(はせがわりゅうせい)

詩人[日本]

2019年 8月20日 死去肺炎享年92歳

長谷川 龍生(はせがわ りゅうせい、1928年6月19日 - )は、日本の詩人。
本名は名谷 龍生(なたに りゅうせい)。
元日本現代詩人会会長(1997年 - 2000年)。
前大阪文学学校校長。
「歴程」同人。
作風 個人の内部にある素朴な意識を即物的かつ幻想的に表すことのできる異色の詩人として、18歳でデビュー。
その幻想・妄想的な世界は時に難解ともとられるが、詩人の立場は貫徹しており、抒情のみに流されず真実を徹底して追究していく姿勢は、デビュー時より今日まで全く変わらない。
関係妄想を駆使した詩や、ドラマの中に動的なダイナミズムを感じさせる、この詩人ならではの作品を数多く書いている。
その詩的世界は、常に知識をリニューアルし続ける非常にマメな姿勢にもみられる、すぐれた批評精神によって保たれている。
主な詩作方法として、自ら打ち出した「移動と転換」、「シュールドキュメンタリズム」を採用している。
1928年(昭和3年)、大阪市東区(現:中央区)船場に七人兄姉(五男二女。

はせがわ-りゅうせい 1928-昭和後期-平成時代の詩人。昭和3年6月19日生まれ。17歳のとき詩作をはじめ,大阪で小野十三郎(とおざぶろう)に師事。「山河」をへて昭和27年関根弘らの「列島」に参加,前衛詩運動を推進する。32年「パウロウの鶴」で注目され,53年「詩的生活」で高見順賞,61年「知と愛と」で藤村記念歴程賞。平成3年大阪文学学校校長。大阪府出身。早大中退。本名は名谷竜生(なや-たつお)。詩集はほかに「立眠」など。 (引用元 コトバンク)