芸能人・経営者のおくやみ情報

キャリー・マリス 氏Kary Banks Mullis

化学者[アメリカ]

(狙ったDNAを大量かつ高速に増幅させる「PCR法」の開発によりノーベル化学賞受賞)

2019年 8月7日 死去肺炎享年76歳

キャリー・マリス - ウィキペディアより引用

キャリー・バンクス・マリス(Kary Banks Mullis, 1944年12月28日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州レノア出身の生化学者。
ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 法の開発で知られ、その功績により、1993年にノーベル化学賞及び日本国際賞を受賞した。
誕生後、サウスカロライナ州コロンビアに移り住み、そこで成長した。
ドレハー高校を経てジョージア工科大学卒。
1973年にカリフォルニア大学バークレー校から博士号を与えられた。
カリフォルニア州に移り、ニューポートビーチ、その後アンダーソンバレーに住んだ。
バイオテクノロジーの企業シータス社に就職。
そこでPCR法によるDNAの増幅方法を考案した。
後に好熱菌のDNAポリメラーゼであるTaqポリメラーゼを用いる改良法が開発され、世界の分子生物学の進展に大きな影響を与えた。
現在では免疫に関する研究を行うベンチャー企業を率いている。
4度の結婚を経験し、3人の子供を儲けている。
彼女のジェニファーを乗せてのドライブ中、現在PCRと呼ばれるDNAの増幅方法のアイデアがマリスの頭の中で突然ともいえる形で組み上がる。