芸能人・経営者のおくやみ情報

岩谷直治 氏(いわたになおじ)

岩谷産業 創業者[日本]

2005年 7月19日 死去老衰享年103歳

岩谷 直治(いわたに なおじ、1903年3月7日 - 2005年7月19日)は、日本の実業家。
LPガスと産業ガスを基幹事業とし、機械、マテリアルなど幅広い分野で事業を展開する商社、岩谷産業株式会社の創業者。
家庭用プロパンガス(LPガス)を全国に普及させた功績から「プロパンの父」と慕われた。
水素エネルギー社会への先鞭をつけたと評されている。
1985年勲二等瑞宝章。
2005年従四位叙位。
来歴・人物[編集] 略歴[編集] 岩谷直治は、1903年3月7日、島根県安濃郡長久村(現・大田市)に、父 邦吉郎と母 ミサの五男として生まれた。
五男五女の男の末っ子だったので可愛がられたが、時には厳しく躾けられた。
1907年大田農業学校(現 島根県立大田高等学校)を卒業。
15歳から神戸市の海陸運送会社に丁稚奉公に上がり、神戸・熊本・横浜で商いを学んだ。
25歳で結婚。
27歳になった1930年、酸素ガスや溶接材料を扱う「岩谷直治商店」を創業。
1945年、「岩谷直治商店」を株式会社に改組し、「岩谷産業株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。
1953年家庭用プロパンガスを日本で初めて全国規模で発売。
1969年、ホースの要らない卓上こんろ「カセットフー」を発売。
「やがて究極のクリーンエネルギーである水素の時代が来る」と予測し、他社に先駆けて本格的な水素事業に着手した。
ガス事業を通じて環境問題に取り組む中、創業40周年を迎えた1970年、企業スローガン「住みよい地球が ……

推定関連画像

岩谷直治さんが亡くなってから、19年と6日が経ちました。(6946日)

「岩谷直治」と関連する故人