芸能人・経営者のおくやみ情報

アンドレイ・サハロフ 氏Andrei Sakharov

理論物理学者[ソ連]

1989年 12月14日 死去心臓麻痺享年69歳

 - ウィキペディアより引用

アンドレイ・ドミートリエヴィチ・サハロフ(露: Андре́й Дми́триевич Са́харов、1921年5月21日 - 1989年12月14日) は、ソビエト連邦の理論物理学者。
物理学博士。
宇宙論や素粒子論において国際的な業績をあげた物理学者だが、ソ連において水素爆弾開発に携わり、「ソ連水爆の父」と呼ばれた一方で、後に自らの良心に基づいて反体制運動家、人権活動家として、人権、市民的自由、そしてソ連の改革を主張するなど、後半生は政治的な言動が常に注目され続けた。
「ペレストロイカの父」とも呼ばれる。
1921年5月21日モスクワに生まれる。
1938年モスクワ大学に入学する。
1942年に同大学を卒業する。
独ソ戦のため、トルクメン共和国(現在のトルクメニスタン)のアシハバードに疎開する。
その後、ウリヤノフスクに移り、研究生活を送る。
1945年モスクワに戻り、FIAN(ソ連科学アカデミー物理学研究所)の理論部門で研究生活を送る。
戦後、宇宙線の研究に着手し、1947年物理学博士号を授与される。

関連書籍