芸能人・経営者のおくやみ情報

シグリ・ウンセットSigrid Undset

作家[ノルウェー]

(ノーベル文学賞受賞)

1949年 6月10日 死去享年68歳

 - ウィキペディアより引用

シグリ・ウンセット(Sigrid Undset, 1882年5月20日 - 1949年6月10日)は、ノルウェーの小説家。
1928年ノーベル文学賞受賞者。
デンマークのカルンドボー生まれ。
一家は彼女が2歳の時にデンマークからノルウェーに移り住んだ。
1924年にはカトリックへ改宗する。
1940年、ナチス・ドイツの占領から逃れてアメリカ合衆国へ、そして第二次世界大戦終了の1945年に帰国した。
最も有名な作品は『クリスティン・ラヴランスダッテル Kristin Lavransdatter』である。
同書は中世のノルウェーを舞台とした作品であり、1920年から1922年までに『花の冠』、『主婦』、『十字架』の三部作が出版された。
ウンセットは1925年と1927年に出版した『オーラフ・アウドゥンスセン Olav Audunssøn』2部作でノーベル文学賞を受賞した。
現在のノルウェー500クローネ紙幣には、ウンセットの若い時代の肖像が描かれている。

関連作品

シグリ・ウンセットが亡くなってから、72年と224日が経過しました。(26522日)