芸能人・経営者のおくやみ情報

ビクトル・ヘンゼンChristian Andreas Victor Hensen

生理学者、海洋生物学者[ドイツ]

1924年 4月5日 死去享年90歳

 - ウィキペディアより引用

クリスティアン・アンドレアス・ヴィクトル・ヘンゼン(Christian Andreas Victor Hensen、1835年2月10日 - 1924年4月5日)は、ドイツの動物学者(浮遊生物学)。
プランクトンという語を造語し、海洋生物学の基礎を築いた。
シュレースヴィヒの町生まれ。
ヴュルツブルク、ベルリン(ミュラーのもとで研究)、キールの大学で医学を学んだ。
1859年、キールで、てんかんと尿中排泄に関する論文により博士号を取得した。
1867年、プロイセン衆議院議員になり、海洋の研究を推進した。
ヘンゼンのイニシアチブによりRoyal Prussian Commission for the Exploration of the Oceans(海洋探査のための王立プロイセン委員会)が設立された。
1871年から1891年まで、キールの生理学教授であった。
このときバルト海や北海、大西洋に向かう5つの海洋生物探検隊の長であった。
発生学と解剖学にも携わった。
耳の構造、ヘンゼン管(Hensen duct)(またはCanal of Henson、ヘンゼンの細胞(Hensen's cells)やヘンゼン線(Hensen's stripe)も)や、鳥類の発達に不可欠な構造であるヘンゼンの節(Hensen's node)とヘンゼンの系統(Hensen's line)を発見した。
RV VICTOR HENSENは彼にちなんで命名された研究船である。