芸能人・経営者のおくやみ情報

エリック・サティErik Satie

作曲家[フランス]

1925年 7月1日 死去肝硬変享年60歳

 - ウィキペディアより引用

エリック・アルフレッド・レスリ・サティ(Érik Alfred Leslie Satie フランス語: [eʁik sati]、1866年5月17日 - 1925年7月1日)は、フランスの作曲家。
音楽界の異端児、音楽界の変わり者などと称され、ドビュッシー、ラヴェルにも影響を与えた。
ノルマンディーのオンフルール生まれ。
サティの若年期に亡くなった母親はスコットランド系。
イギリス国教会で育った。
幼少期から家族は、オンフルールとパリとの間を往き来していた。
パリ音楽院在学中、指導教授から才能が無いと否定され、1885年に2年半あまりで除籍になった。
その間、1884年に処女作のピアノ小品『アレグロ (fr) 』を作曲した。
その他、『オジーヴ』、『ジムノペディ』、『グノシエンヌ』などを発表。
1887年からモンマルトルに居住し、1890年からコルト通り(Rue Cortot) 6番地に居住。
モンマルトルのカフェ・コンセール『黒猫』に集う芸術家の1人となり、クロード・ドビュッシー、さらにコクトーやピカソらと交流(のちにカフェ・コンセール『オーベルジュ・デュ・クル』に移る)。
バレエ・リュスのために『パラード』を作曲。
またカフェ・コンセールのためのいくつかの声楽曲を書く。
よく知られる『ジュ・トゥ・ヴー』はこの時の作品。
薔薇十字教団と関係し、いくつかの小品を書く。
同一音形を繰り返す手法を用いた『ヴェクサシオン』『家具の音楽』なども書いた。
なお『家具の音楽』というのは彼が自分の ……

関連作品

エリック・サティが亡くなってから、96年と159日が経過しました。(35223日)