芸能人・経営者のおくやみ情報

シュザンヌ・ヴァラドンSuzanne Valadon

画家[フランス]

1938年 4月7日 死去享年74歳

 - ウィキペディアより引用

シュザンヌ・ヴァラドン(Suzanne Valadon、1865年9月23日 - 1938年4月7日)はフランスの画家。
モンマルトルでピュヴィス・ド・シャヴァンヌ、ルノワール、ロートレックらの著名な画家のモデルを務めながら独学で絵を描き始め、エドガー・ドガに師事した。
モーリス・ユトリロの母であり、幼いユトリロの素描から1921年制作の代表作《モーリス・ユトリロの肖像》まで息子を描いた絵を多数遺しているが、主に繊細な風景画を描いたユトリロとは対照的に、ヴァラドンは力強い人物画で知られる。
国民美術協会に出展した初の女性画家であり、国立美術学校で女性画学生による裸体モデルのデッザンが禁じられていた時代に、女性だけでなく男性の裸体も野獣派的な力強い線で表現した先駆的・前衛的な女性画家である。

関連作品