芸能人・経営者のおくやみ情報

米倉タ子 氏(よねくらたね)

高齢者[日本]

(2018年時点で鹿児島県内最高齢)

2018年 5月19日 死去老衰享年114歳

米倉 タ子(よねくら たね、1904年5月2日 - 2018年5月19日)は、かつて鹿児島県鹿児島市に在住した長寿の女性。
1914年に桜島で起きた大正大噴火を目撃していた。
109歳のときには噴火の体験者としてNHKの取材に応じていた。
またこの時点では杖を使用した歩行が可能であった。
110歳を迎えても歩行器を使用しての歩行が可能であり、運動を欠かさなかったという。
2018年5月からは点滴を受けながら生活をしていた。
2018年4月21日、喜界町在住で日本及び世界最高齢者であった田島ナビの死去に伴い、113歳354日で県内最長寿の人物となる。
2018年5月2日、114歳の誕生日を迎える。
2018年5月19日、老衰のため自宅で死去。
114歳と17日であった。
死去時には日本で5番目、世界全体でも8番目の高齢であった。
また死去後は1907年生まれの田中キクヱが鹿児島県最高齢者となった。

「米倉タ子」と関連する故人