芸能人・経営者のおくやみ情報

美濃部達吉(みのべたつきち)

法学者貴族議員[日本]

1948年 5月23日 死去享年76歳

美濃部達吉 - ウィキペディアより引用

美濃部 達吉(みのべ たつきち、1873年(明治6年)5月7日 - 1948年(昭和23年)5月23日)は、日本の法学者・憲法学者・政治家。
東京帝国大学名誉教授。
戦前、和仏法律学校(現・法政大学)に憲法講義を担当し、清国留学生法政速成科の憲法学の講義も担当した。
法政大学通信教育学部の設立者。
天皇機関説を主張し、大正デモクラシーにおける代表的理論家として知られる。
昭和時代には天皇機関説事件により、貴族院議員を辞職した。
戦後の1948年には勲一等旭日大綬章を受章。
妻・多美子は菊池大麓の長女である。
長男は第6・7・8代東京都知事の美濃部亮吉。
兄は朝鮮銀行総裁等を務めた美濃部俊吉で、その息子である商工省および企画院官僚だった美濃部洋次は甥にあたる。
曾姪孫は同志社大学教授の浜矩子。

関連作品

  • タイトル
    憲法講話(現代語訳)
    種別
    Kindle版
    著者
    • 美濃部達吉
    出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥251
    中古商品
  • タイトル
    米国憲法の由来及特質
    種別
    ペーパーバック
    著者
    • 美濃部達吉
    出版社
    Independently published
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,980
    中古商品

美濃部達吉が亡くなってから、74年と189日が経過しました。(27218日)