芸能人・経営者のおくやみ情報

会田由(あいだゆう)

スペイン文学者[日本]

1971年 2月27日 死去享年69歳

会田 由(あいだ ゆう、1903年4月3日 - 1971年2月27日)は、スペイン文学者。
熊本県生まれ。
1927年東京外国語学校スペイン語科卒。
永田寛定に学ぶ。
1949年、東京外国語大学講師となり、のち教授を務めた。
その間、東京大学教養学部でも非常勤講師として、スペイン語授業を担当、スペイン文化研究の先鞭をつけた。
1965年より神奈川大学教授を務めた。
数多くのスペイン語文学を翻訳したが、特に『ドン・キホーテ』を1962年に完結させ最初の完訳者となった。
師の永田寛定訳(岩波文庫版)が先行していたが、手間取っているうちに会田が先に完成させ、以後数社の「外国文学全集」に収録され多く重刷した。
没後の1975年より名を記念した会田由賞(日本スペイン協会主催)が発足。
長年の中断もあったがラテンアメリカ文学も含む、多くのスペイン語圏文学・歴史研究者に授与されている。

関連作品

「会田由」と関連する故人