芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・エルンスト・フォン・ベーアKarl Ernst von Baer

生物学者博物学者[ロシア→ドイツ]

1876年 11月28日 死去享年85歳

カール・エルンスト・フォン・ベーア (Karl Ernst von Baer 1792年2月28日(ユリウス暦 2月17日) ; † 1876年11月28日(ユリウス暦 11月16日)) は、哺乳類の卵子を発見したエストニア出身のバルト・ドイツ人発生学者、動物学者、人類学者、地理学者、探検家、博物学者。
発生学の父と称せられる。
胚におけるベーアの法則(英語版)だけでなく、コリオリの力によってもたらされる河岸における異なった侵食のはたらきをする同じ用語名(ベーアの法則(英語版))を冠した法則も定めた。
19世紀における最も重要な自然科学者の一人。
多数の自然科学的分野における成果のため、しばしば、「北のアレクサンダー・フォン・フンボルト」と称せられる。
植物や菌類における著者名略記(英語版)は„BAER“。
ロシア名は、カルル・マクシーモヴィッチ・ベール (ロシア語: Карл Макси́мович Бэр)。

カール・エルンスト・フォン・ベーアが亡くなってから、144年と364日が経過しました。(52960日)