芸能人・経営者のおくやみ情報

スティーヴン・ジェイ・グールド 氏Stephen Jay Gould

生物学者[アメリカ]

2002年 5月20日 死去享年62歳

 - ウィキペディアより引用

スティーヴン・ジェイ・グールド(Stephen Jay Gould、1941年9月10日 - 2002年5月20日)はアメリカ合衆国の古生物学者、進化生物学者、科学史家。
1973年にハーバード大学の比較動物学教授となり、1982年からハーバード大学アリグザンダー・アガシ記念教授職を務めた。
ダーウィン主義をベースにした進化論の論客であり、膨大な読書量からくる博学の科学エッセイストとして活躍していた。
今日最も広く読まれ、最も影響力の大きな大衆科学作家の一人。
アメリカの科学雑誌『ナチュラル・ヒストリー』誌にエッセイを毎月かかさず書き、そのエッセイをまとめたものもベストセラーとなっている。
『フルハウス 生命の全容ー四割打者の絶滅と進化の逆説』を著すなど、ベースボールの熱狂的なファンであり、著作にしばしば野球をテーマにしたエッセイを書いていた。
小惑星(8373)スティーヴン・グールドは彼にちなむ。
グールドはニューヨーク市のクイーンズで生まれた。
彼の父レナードは法廷速記官で、母エレノアはアーティストだった。
グールドが 5歳の時に、彼の父はアメリカ自然史博物館の恐竜館に彼を連れて行き、初めてティラノサウルス・レックスと出会った。

関連作品