芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・ピーター・ヘンリク・ダムCarl Peter Henrik Dam

化学者[デンマーク]

1976年 4月17日 死去享年82歳

 - ウィキペディアより引用

カール・ピーター・ヘンリク・ダム(Carl Peter Henrik Dam、1895年2月21日 - 1976年4月17日)はデンマークの生化学者で生理学者。
1929年にコペンハーゲン大学準教授に就任した。
渡米して1942年から1945年までロックフェラー医学研究所で研究に従事し、1946年からデンマーク工科大学の生化学科教授を務めた。
彼はビタミンKの発見と人体におけるその働きの解明によりエドワード・アダルバート・ドイジーとともに1943年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
彼は、ニワトリにコレステロールを全く含まない食事を与える実験を行ってビタミンKの機能を解明した。
ニワトリは数週間経つと出血が制御できないようになった。
ダムは血液を凝固させるのに必要な成分を単離し、凝固ビタミンと呼んだ。
このビタミンは、凝固を意味するドイツ語Koagulationsの頭文字を取ってビタミンKと呼ばれるようになった。
彼はコペンハーゲンで1895年に生まれ、1976年に亡くなった。