芸能人・経営者のおくやみ情報

原田治 氏(はらだおさむ)

イラストレーター[日本]

2016年 11月24日 死去享年71歳

原田 治(はらだ おさむ、1946年-)は日本のイラストレーター。
東京都中央区築地出身。
幼少の頃から絵画に興味を示し、洋画家で川端玉章の孫にあたる川端実に師事していた。
青山学院中等部・高等部を経て多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後渡米し、ここでイラストレーションを学ぶ。
ここでの生活が後の作品に「アメリカナイズされたテイスト」として影響を与えることとなる。
帰国後の1970年、創刊したばかりの雑誌「anan」(マガジンハウス)にイラストを掲載し、イラストレーターとして本格的に始動。
1975年、マザー・グースを題材にしたキャラクターグッズ「オサムグッズ」の発売を開始。
雑誌「ビックリハウス」(パルコ出版)では、「明石町先生」というペンネームでイラストページを連載。
編集スタッフの似顔絵イラストで構成された連載は人気を博した。
また1979年、「ビックリハウス」の執筆陣であった安西水丸・ペーター佐藤・アートディレクターの新谷雅弘らとともにユニット「パレットクラブ」を結成。

イラストレーター。 1946年4月27日、東京築地生まれ。 1969年、多摩美術大学を卒業後、渡米。 帰国後、「アンアン」創刊号より、イラストの仕事をスタートさせる。 その後「ビックリハウス」で、ペンネーム“明石町先生”として描いた戯画が受け、人気を博す。 1975年、キャラクターグッズの草分け「オサムグッズ」をスタートさせる。 1979年、ユニット「パレットクラブ」を、故ペーター佐藤、安西水丸、当時「ポパイ」のアートディレクターだった新谷雅弘と共に発足。 築地のイラストスクール「パレットクラブ・スクール」を主宰。講師も兼ねていた。 2016年11月24日、死去。 ブログ:「原田治ノート」 著書:「ぼくの美術帖」(みすず書房「大人の本棚」第三期:2006年)    「オサムグッズ スタイル」(PIE BOOKS)    「ぼくの美術帖」(PARCO出版:1982年)    「リトル・ドッグ」(PARCO出版)    「OSAMU GOODS GO TO HAWAII」(KOJI HONPO)    「ニューヨークの川端実」(KOJI HONPO)    「かさ」(福音館)他絵本多数。 『オサムグッズ スタイル』と『OSAMU GOODS GO TO HAWAII』は、「原田治ノート」 で通販している。 (引用元 Hatena Keyword)

「原田治」と関連する人物(故人)