芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード・R・ブレイスウェイト 氏Edward Ricardo Braithwaite

作家[ガイアナ共和国→アメリカ]

2016年 12月12日 死去享年105歳

エドワード・リカルド・ブレイスウェイト (Edward Ricardo Braithwaite、1922年 - )は、ガイアナ出身の小説家、作家、教師で外交官。
彼は、黒人に対する社会的な状況や人種差別をテーマにした一連の作品でよく知られている。

ブレイスウェストは、ガイアナのクイーンズ・カレッジでまず教育を受け、その後渡米。
1940年ニューヨーク市立大学シティカレッジを卒業。

さらに渡英。
イギリスのケンブリッジ大学に移り、物理学で学位を取得した。

第二次世界大戦の間、彼は飛行士としてイギリス空軍に参加。
その後、この当時の体験について、当時、何の人種的な偏見も差別も感じなかったと書いている。

戦後、彼は他の人種的なマイノリティと同様、高度な訓練と学歴にもかかわらず、専門としている分野で職が得られず、幻滅してやもなく、ロンドンのイースト・エンド (ロンドン) イースト・エンドで教師の職についた。
『先生へ、愛情をこめて』(1959年)は、その当時の学校での教師体験に基づいたものである。

作家。外交官。 1912年、生まれ。2016年12月12日、死去。 ガイアナ出身。 1967年の映画「いつも心に太陽を」の原作者。 (引用元 Hatena Keyword)