芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリGiovanni Battista Riccioli

文学者[イタリア]

1671年 6月25日 死去享年74歳

ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリ(リッチオーリ、Giovanni Battista Riccioli、1598年4月17日 - 1671年6月25日)は、17世紀イタリアの天文学者である。
1651年にコペルニクス体系に反対する『新アルマゲスト』(Almagestum novum) を著した。
フランチェスコ・マリア・グリマルディとともに月面図を作成し、クレーターに科学者の名をつける命名法を始めた。

ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリが亡くなってから、350年と161日が経過しました。(127999日)

「ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリ」と関連する故人