芸能人・経営者のおくやみ情報

田村泰次郎 氏(たむらたいじろう)

作家[日本]

1983年 11月2日 死去享年73歳

田村 泰次郎(たむら たいじろう、1911年11月30日 - 1983年11月2日)は三重県四日市市出身の小説家である。
早稲田大学文学部卒。
来歴・人物 高知出身の中学教師である父親と、京都出身の母親のもとに生まれる。
母親は文章や歌を書くことが好きな人だった。
11歳上の姉と5歳上の兄がおり、姉も文学好きだった。
父親が校長を務めていた四日市の中学で学び、早稲田の高等科から早稲田大学仏文科に進学した。
ジェームス・ジョイスに傾倒し、在学中に初めての小説を学内の雑誌に発表、三田文学に評論を書いたりもした。
絵と剣道も得意だった。
絵画愛好会のチャーチル会に所属し、展覧会もしていた。
同会には、藤山愛一郎や石川達三もいた。
昭和9年に大学を卒業すると作家を目指し、小説のネタを探して当時住んでいた新宿を毎日歩き回った。
戦時中は5年3か月に渡って中国山西省で従軍した。
その当時の経験は尾西康充が『田村泰次郎の戦争文学-中国山西省での従軍体験から』(笠間書院)にて現地調査を実施してまとめている。

関連作品