芸能人・経営者のおくやみ情報

カール11世Karl XI

スウェーデン国王[スウェーデン]

1697年 4月5日 死去享年43歳

カール11世 - ウィキペディアより引用

カール11世(Karl XI, 1655年11月24日 - 1697年4月5日)は、プファルツ朝第2代のスウェーデン王(在位:1660年 - 1697年)。
カール10世とホルシュタイン=ゴットルプ公女ヘートヴィヒ・エレオノーラの唯一の子。
生涯[編集] スウェーデン王カール10世とホルシュタイン=ゴットルプ公女ヘートヴィヒ・エレオノーラの一人息子として、1655年11月24日にストックホルム宮殿で生まれた。
父の崩御によってカール11世として即位したが、4歳と幼いため摂政制が敷かれた。
カール11世の教育も摂政団に任せられたが、17歳で成人した時点では国政の基本についてまったくの無知で、ほぼ非識字だったという。
その反面、スポーツなどで体を鍛え、趣味の熊狩りで度胸を示した。
また、正直で高潔な性格だった。
カール11世は17歳に成人して親政した。
1675年から始まったスウェーデン・ブランデンブルク戦争とスコーネ戦争ではスコーネ地方に大本営を設け、親征した。
1676年8月17日のハルムスタッドの戦いではシモン・グルンデル=ヘルムフェルトとともにデンマーク軍を敗走させ、12月4日にはルンドの戦いで同じく親征したデンマーク=ノルウェー王クリスチャン5世を撃破した。
特にルンドの戦いは激戦であり、戦闘に参加した軍勢のうち半分以上が戦死した。
翌年7月のランズクルーナの戦いでもデンマーク軍に勝利している。
最終的にはフランス王ルイ14世の主導で和議がなされたが、結果としてドイツ(神聖 ……

関連作品

カール11世が亡くなってから、327年と106日が経過しました。(119543日)