芸能人・経営者のおくやみ情報

アストリッド・リンドグレーン 氏Astrid Lindgren

児童文学作家[スウェーデン]

2002年 1月28日 死去享年96歳

アストリッド・リンドグレーン - ウィキペディアより引用

アストリッド・アンナ・エミリア・リンドグレーン(Astrid Anna Emilia Lindgren、スウェーデン語: [ˈǎsːtrɪd ˈlɪ̌ŋːɡreːn] ( 音声ファイル); 旧姓: エリクソン Ericsson; 1907年11月14日 - 2002年1月28日)は、スウェーデンのフィクション作家、児童書編集者、映画脚本家であった。
長くつ下のピッピ、レンネビリヤのエーミル、やねのうえのカールソン、やかまし村の子どもたち、さわぎや通りのロッタが登場する児童書シリーズや、子ども向けファンタジー小説『ミオよ わたしのミオ』、『山賊のむすめローニャ』、『はるかな国の兄弟』で最もよく知られている。
リンドグレーンはストックホルムにある出版社ラベン&シェーグレンの児童文学編集委員会に従事した。
リンドグレーンの著書は、世界の70か国語以上に翻訳され、100以上の国で出版されている。
2017年の集計では、リンドグレーンは世界で18番目に多くの言語に翻訳された作家であり、子ども向けの作家としてはイーニッド・ブライトン、ハンス・クリスチャン・アンデルセン、グリム兄弟に付いで4番目である。
リンドグレーンの作品はこれまで全世界で1億6500万冊が売れている。
1994年、リンドグレーンは「子どもの権利と個性の尊重に捧げたユニークな作家性」が評価され、ライト・ライブリフッド賞を受賞した。

関連作品

アストリッド・リンドグレーンさんが亡くなってから、20年と253日が経ちました。(7558日)

「アストリッド・リンドグレーン」と関連する故人