芸能人・経営者のおくやみ情報

諸橋轍次 氏(もろはしてつじ)

漢字研究者[日本]

1982年 12月8日 死去享年100歳

諸橋轍次 - ウィキペディアより引用

諸橋 轍次(もろはし てつじ、1883年6月4日 - 1982年12月8日)は、漢字の研究者で大著『大漢和辞典』や『広漢和辞典』(ともに大修館書店刊)の編者。
文学博士。
東京文理科大学名誉教授。
都留短期大学および都留文科大学の(四年制大学としての)初代学長。
本人によると直江兼続の子孫である。
号は止軒。
同郷の社会学者建部遯吾は従兄にあたる。
(諸橋轍次の父安平の兄慶三郎の子が建部遯吾) 三男の諸橋晋六は静嘉堂文庫理事長のほか三菱商事社長・会長も務めた。
新潟県南蒲原郡庭月村(後に四ツ沢村→森町村→下田村、現在の三条市庭月)に生まれた。
東京高等師範学校を卒業後、漢学の教員として同校に勤める。
青年時代、中国にも留学。
このとき満足できる辞書がなかったことが、のちの大漢和の製作に繋がっていったと言われている。
1925年、大修館の鈴木一平が諸橋のもとを訪れ、巨大な漢和辞典の構想を持ちかけられる。
本格的な製作の開始は1929年からだった。
1929年1月に文学博士 論文の題は「儒学の目的と宋儒(慶暦至慶元百六十年間)の活動」。

関連書籍

  • タイトル
    中国古典名言事典 (講談社学術文庫)
    著者
    • 諸橋轍次
    出版社
    講談社
    ページ数
    1020
    発売日
    1979-03-29
    新品価格
    ¥2,750
    中古商品
    ¥721より
  • タイトル
    論語の講義
    著者
    • 諸橋轍次
    出版社
    大修館書店
    ページ数
    527
    発売日
    1989-05-01
    新品価格
    ¥2,970
    中古商品
    ¥1,140より
  • タイトル
    縮写版 大漢和辞典 全13冊セット(全12巻+索引)
    著者
    • 諸橋轍次
    出版社
    大修館書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥9,799
    中古商品
    ¥9,799より
  • タイトル
    中国古典名言集
    著者
    • 諸橋轍次
    出版社
    講談社学術文庫
    ページ数
    211
    発売日
    1970-06-30
    新品価格
    ¥39
    中古商品
    ¥1より
  • タイトル
    大漢和辞典デジタル版
    著者
    • 諸橋轍次
    • 鎌田正
    • 米山寅太郎
    出版社
    大修館書店
    ページ数
    発売日
    2019-04-01
    新品価格
    ¥143,000
    中古商品
    ¥174,041より
  • タイトル
    孟子の話 (諸橋轍次選書)
    著者
    • 諸橋轍次
    出版社
    大修館書店
    ページ数
    264
    発売日
    1989-06
    新品価格
    ¥841
    中古商品
    ¥760より
  • タイトル
    荘子物語 (講談社学術文庫)
    著者
    • 諸橋轍次
    出版社
    講談社
    ページ数
    378
    発売日
    1988-10-05
    新品価格
    ¥1,298
    中古商品
    ¥3より
  • タイトル
    老子の講義
    著者
    • 諸橋轍次
    出版社
    大修館書店
    ページ数
    179
    発売日
    1989-07-01
    新品価格
    ¥1,650
    中古商品
    ¥409より
  • タイトル
    修訂版 大漢和辞典 全13巻セット (全12冊+索引)
    著者
    • 諸橋轍次
    出版社
    大修館書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥15,000
    中古商品
    ¥15,000より
  • タイトル
    諸橋轍次博士の生涯
    著者
    • 漢学の里・諸橋轍次記念館
    出版社
    新潟県南蒲原郡下田村役場
    ページ数
    273
    発売日
    1992-10-01
    新品価格
    ¥1,252
    中古商品
    ¥1,200より

もろはしてつじ [生]1883.6.4.新潟,下田村[没]1982.12.8.東京漢学者。号は止軒。奥畑米峰の静修義塾で漢学を学んだあと,1908年東京高等師範学校(のちの東京文理大学,東京教育大学)国語漢文科を卒業。10年同研究科を卒業。卒論の『詩経研究』(1912)は水準の高さから当時の学界を驚嘆させた。東京高等師範付属中学校教諭,東京高等師範学校教授,東京文理大教授を歴任。その間の21~55年静嘉堂文庫長として漢籍の収集,整理に尽力。60年都留文科大学初代学長。東宮職御用掛。教鞭をとるかたわら,親字数5万354,熟語数52万6300という『大漢和辭典』(55~60)編纂の大事業を30余年にわたって進めた。その間,第1巻刊行後,全巻の組版および関係資料一切を空襲によって焼失,加えて双眼を失うという苦難を乗越えてのことであった。この偉業によって44年朝日文化賞を受賞,60年中華民国学術奨章を受章した。さらにその後20年をかけて82年『広漢和事典』全4巻を門弟と共著で完成させた。儒学者としての功績も大きく,29年の『儒学の目的と宗儒の活動』は名著として名高い。ほかに『諸橋轍次著作集』全10巻(75~77)もある。65年文化勲章を受章。 (引用元 コトバンク)

「諸橋轍次」と関連する人物(故人)