芸能人・経営者のおくやみ情報

チャールズ・ペダーセン 氏Charles John Pedersen

化学者[アメリカ]

1989年 10月26日 死去享年86歳

チャールズ・ジョン・ペダーセン(Charles John Pedersen、1904年10月3日 - 1989年10月26日)は、アメリカ合衆国の化学者。
父はノルウェー人のブレーデ・ペーデシェン(Brede Pedersen)で、母は朝鮮で豆や蚕の貿易に携わっていた福岡県出身の日本人一家の娘・安井タキノ。
自身も日本名として良男(よしお)という名を持っていた。
来歴・人物 ノルウェー人の航海技師だった父が一時、釜山税関に勤務していたため、大日本帝国の保護国だった大韓帝国の慶尚南道東莱郡(現在は大韓民国釜山広域市に含まれる)で1904年(光武8年、明治37年)に生まれる。
8歳まで朝鮮半島(1910年からは日本統治となる)で過ごした後、神奈川県横浜市にあるインターナショナルスクールのセント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジに学んだ。
化学を学ぶため、1922年にアメリカ合衆国へ渡り、デイトン大学(オハイオ州デイトン)で学位を得た後、マサチューセッツ工科大学(MIT)(マサチューセッツ州ケンブリッジ)で修士課程を修了した。

(チャールズ・ジョン・ペダーセン、Charles John Pedersen、1904年10月3日 - 1989年10月26日) アメリカ合衆国の化学者。父はノルウェー人のブレーデ・ペーデシェン(Brede Pedersen)で、母は朝鮮で豆や蚕の貿易に携わっていた福岡県出身の日本人一家の娘・安井タキノ。自身も日本名として良男(よしお)という名を持っていた。 (引用元 Hatena Keyword)