芸能人・経営者のおくやみ情報

ヤヌシュ・コルチャックJanusz Korczak

児童文学作家[ポーランド]

1942年 8月7日 死去享年65歳

 - ウィキペディアより引用

ヤヌシュ・コルチャック(Janusz Korczak, 1878年7月22日 - 1942年8月)は、ポーランドの小児科医、児童文学作家で教育者。
本名は、ヘンリク・ゴルトシュミット。
ユダヤ系ポーランド人。
1911年からはユダヤ人孤児のための孤児院ドム・シエロ院長となり、児童教育に関する著書もいくつか書いており、児童の権利という概念の先駆者となった。
しかしナチス・ドイツによるポーランド占領下において、孤児院の子供とともにホロコーストの犠牲となった。
日本においては「コルチャック先生」と表記されることが多い。
生涯 父ユゼフ・ゴルトシュミットと母ツェツィリア・グウェンヴィツカとの間に生まれる。
家は裕福な弁護士一家であった。
ゴルトシュミット家は、ワルシャワではポーランドに同化した家族と見られていた。
反ユダヤの風潮が高まる中で初めてコルチャックは、自らのユダヤ系の出自を意識することになった。
学校時代、彼はワルシャワの文系のギムナジウムに通った。
そこで、ラテン語、ドイツ語、フランス語、そしてギリシア語を学んでいる。

関連作品

「ヤヌシュ・コルチャック」と関連する故人