芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハン・ハインリヒ・フォン・チューネンJohann Heinrich von Thünen

経済学者地理学者[ドイツ]

1850年 9月22日 死去享年68歳

 - ウィキペディアより引用

ヨハン・ハインリヒ・フォン・チューネン(Johann Heinrich von Thünen、1783年6月24日 - 1850年9月22日)は、ドイツの経済学者・地理学者。
代表的著作『孤立国』(原題『農業と国民経済に関する孤立国:穀価、土地肥力及び租税が農業に及ぼす影響に関する研究』Der isolierte Staat in Beziehung auf Landwirtschaft und Nationalökonomie : Untersuchungen über den Einfluß, den die Getreidepreise der Reichtum, des Bodens und die Abgaben auf den Ackerbau ausüben.、1826)によって、経済地理学における先駆的な業績を残し、フェルナン・ブローデルに「19世紀の最も偉大な経済学者として、マルクスと並ぶ位置を占める」と評せられた。

関連作品

  • タイトル
    OD>孤立国 (近代経済学古典選集)
    種別
    単行本
    著者
    • 近藤康男
    • ヨハン・ハインリヒ・フォン・チューネン
    出版社
    日本経済評論社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥10,000
    中古商品
    ¥10,000より

「ヨハン・ハインリヒ・フォン・チューネン」と関連する故人