芸能人・経営者のおくやみ情報

ルイ=ニコラ・ヴォークランLouis-Nicolas Vauquelin

化学者[フランス]

1829年 11月14日 死去享年67歳

ルイ=ニコラ・ヴォークラン(Louis-Nicolas Vauquelin、1763年5月16日 - 1829年11月14日)は、フランス・ノルマンディー出身の化学者・薬剤師である。
1797年にクロム、1798年にベリリウムを発見した。
有機化学の分野でもアスパラギン、リンゴ酸、ショウノウ酸、キナ酸などを発見している。
1783年から1791年までアントワーヌ・フールクロア、1755年6月15日 - 1809年12月16日)の助手になった。
フランス革命中は国外に逃れたが、1794年帰国すると、エコール・デ・ミーヌ(国立鉱山学校)の化学の教授、1809年からパリ大学の教授になった。
Vauquelinは、植物の学名で命名者を示す場合にルイ=ニコラ・ヴォークランを示すのに使われる。
(命名者略記を閲覧する/IPNIでAuthor Detailsを検索する。
) 典拠管理 全般 統合典拠ファイル(ドイツ) ISNI 1 VIAF 1 WorldCat 国立図書館 スペイン フランス (データ) カタルーニャ アメリカ チェコ オーストラリア イスラエル オランダ ポーランド 科学データベース International Plant Names Index CiNii(日本) Mathematics Genealogy Project その他 Faceted Application of Subject Terminology Léonore(フランス) Léonore識別子の値LH//2680/93は正しくありません。
RERO(スイス) 1 Social Networks and Archival Context SUDOC(フランス) 1 Trove(オーストラリア) 1

ルイ=ニコラ・ヴォークランが亡くなってから、193年と18日が経過しました。(70511日)

「ルイ=ニコラ・ヴォークラン」と関連する故人