芸能人・経営者のおくやみ情報

ルイ=ニコラ・ヴォークランLouis-Nicolas Vauquelin

化学者[フランス]

1829年 11月14日 死去享年67歳

ルイ=ニコラ・ヴォークラン(Louis-Nicolas Vauquelin、1763年5月16日 - 1829年11月14日)はフランス・ノルマンディー出身の化学者・薬剤師である。
1797年にクロム、1798年にベリリウムを発見した。
有機化学の分野でもアスパラギン、リンゴ酸、ショウノウ酸、キナ酸などを発見している。
1783年から1791年までアントワーヌ・フールクロア(w:Antoine Fourcroy、1755年6月15日 - 1809年12月16日)の助手になった。
フランス革命中は国外に逃れたが、1794年帰国すると、エコール・デ・ミーヌ(国立鉱山学校)の化学の教授、1809年からパリ大学の教授になった。
Vauquelinは、植物の学名で命名者を示す場合にルイ=ニコラ・ヴォークランを示すのに使われる。
(命名者略記を閲覧する/IPNIでAuthor Detailsを検索する。
) 典拠管理 BNE: XX1641397 BNF: cb12560106w (データ) 植物学者: Vauquelin CANTIC: a11898653 FAST: 315887 GND: 118804030 ISNI: 0000 0000 8377 8037 LCCN: nr93003014 Léonore: LH/2680/93 MGP: 158571 NKC: nlk20000085458 NLA: 35965071 NLI: 000526972 NLP: A25279555 PLWABN: 9810693048605606 SNAC: w6m32tsf SUDOC: 08232641X Trove: 1165767 VIAF: 44414908 WorldCat Identities: lccn-nr93003014 この項目は、科学者に関連した書きかけの項目です。
この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝/Portal:自然科学)。
この項目は、化学に関連した書きかけの項目です。
この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:化学/Portal:化学)。
……

ルイ=ニコラ・ヴォークランが亡くなってから、191年と342日が経過しました。(70105日)

「ルイ=ニコラ・ヴォークラン」と関連する故人