芸能人・経営者のおくやみ情報

ウォーレス・カロザースWallace Hume Carothers

化学者[アメリカ]

1937年 4月29日 死去自殺享年42歳

 - ウィキペディアより引用

ウォーレス・ヒューム・カロザース(Wallace Hume Carothers, 1896年4月27日 - 1937年4月29日)はアメリカの化学者。
デュポンの有機化学部門のリーダーとして、世界で初めて高分子から成る化学繊維を発明した。
デラウェア州ウィルミントン近郊にあるデュポンの研究所でグループリーダーを務め、、そこで重合体の研究の大部分を行った。
そこでカロザースはネオプレンの基礎となる研究を行い、ナイロン開発を行った。
博士号取得後デュポンで基礎研究をする前は、いくつかの大学で教職についていた。
1936年2月21日、ヘレン・スイートマンと結婚。
若い頃からうつ病を患っていた。
ナイロンで成功したが「達成できているモノは何もなく才能が枯渇した」と考えるようになる。
妹が死去するという不幸も重なり、1937年4月28日、フィラデルフィアのホテルの一室で青酸カリを混ぜたレモンジュースを飲んで自殺した。
彼の娘が誕生したのは自殺からおよそ7カ月後(1937年11月27日)だった。
カロザースが発明したナイロンは、綿から合成繊維への転換をもたらし、世界を変える偉大な発明だった。
しかしながら死亡した当時は、ナイロンはデュポン社の企業秘密だったため、功績の大きさにもかかわらず、カロザースは無名のままこの世を去った。
2000年11月にアメリカ科学振興協会はカロザースを表彰した。

「ウォーレス・カロザース」と関連する故人