芸能人・経営者のおくやみ情報

エミール・フィッシャーHermann Emil Fischer

化学者[ドイツ]

1919年 7月15日 死去自殺享年68歳

エミール・フィッシャー - ウィキペディアより引用

ヘルマン・エミール・フィッシャー(Hermann Emil Fischer、1852年10月9日 - 1919年7月15日)は、ドイツの化学者。
1902年にノーベル化学賞を受賞した。
エステル合成法(フィッシャーエステル合成反応)の発見やフィッシャー投影式の発案で知られている。
生涯[編集] 生い立ち[編集] ケルン近郊のオイスキルヒェンで、実業家の息子として生まれる。
本人は自然科学の研究者となることを望んでいたが、父親が事業を手伝うことを強制した。
しかし、商売に不向きな性格であることが判明し、父親もあきらめた。
1872年、ボン大学で学び始めたが同年中にストラスブール大学に転校。
1874年、フタレインの研究で博士号を取得し、大学で職を得た。
経歴[編集] 1875年、フォン・バイヤーがミュンヘン大学のリービッヒの後任として招請され、フィッシャーも有機化学の助手としてついて行った。
1878年、ミュンヘン大学の員外講師となり、1879年には分析化学の助教授となった。
同年、アーヘンでの化学の教授職を提供されたが、断わっている。
1881年、エアランゲン大学の化学の教授に就任。
1883年には Badische Anilin- und Soda-Fabrik という企業の化学工場の監督を依頼されたが、学界に残ることを選択した。
1885年、ヴュルツブルク大学の化学の教授に就任し、1892年まで務めた。
ベルリン大学のA・W・ホフマンの後任として招請され、同大学化学部長となり、1919年に亡くなるまで務めた。
研究[編集] 特に ……

推定関連画像

エミール・フィッシャーが亡くなってから、105年と8日が経過しました。(38359日)