芸能人・経営者のおくやみ情報

郷倉和子 氏(ごうくらかずこ)

日本画家[日本]

2016年 4月12日 死去心不全享年103歳

郷倉 和子(ごうくら かずこ、1914年11月16日 - 2016年4月12日)は、日本の画家、日本芸術院会員。
日本画家郷倉千靭(ごうくら せんじん)の長女として東京に生まれる。
1935年女子美術専門学校日本画科卒業、1937年安田靫彦に師事、院展に出品を続け、1957年日本美術院賞、1960年院展同人、1970年院展文部大臣賞、1984年院展内閣総理大臣賞、1989年日本芸術院賞・恩賜賞受賞、1992年勲四等宝冠章、1997年日本芸術院会員、2002年文化功労者。
花鳥画が多い。
2013年11月、99歳(白寿)の誕生日を祝って企画された「白寿記念 郷倉和子展 心の調べ」が富山県立近代美術館で開催された。
2016年4月12日、心不全のため死去。
101歳没。
脚注 ==。

ごうくら-かずこ 1914-昭和-平成時代の日本画家。大正3年11月16日生まれ。郷倉千靱(せんじん)の長女。安田靫彦(ゆきひこ)に師事。昭和11年院展に「八仙花」が初入選。44年女流画家による潮会を結成。59年「閑庭」が内閣総理大臣賞。60年ころより梅をテーマに描きつづける。平成2年「静日」で芸術院恩賜賞。9年芸術院会員。14年文化功労者。東京出身。女子美術専門学校(現女子美大)卒。 (引用元 コトバンク)