芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハCarl Philipp Emanuel Bach

作曲家[ドイツ]

1788年 12月14日 死去享年75歳

 - ウィキペディアより引用

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ (Carl Philipp Emanuel Bach, 1714年3月8日 ヴァイマル - 1788年12月14日 ハンブルク)はドイツの作曲家。
ヨハン・ゼバスティアン・バッハが最初の妻マリア・バルバラともうけた次男。
父よりも、父の友人ゲオルク・フィリップ・テレマンの作曲様式を受け継ぎ、ギャラント様式や多感様式を追究して、古典派音楽の基礎を築き、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンやベートーヴェンにも影響を与えた。
生前は父のヨハン・ゼバスティアンよりも有名で、ヨハン・クリスティアンと同様に世俗的な成功を収めたが、本人は父の指導があったからこそ自分が成功することができたと訴え続けた。
その意味においては、初期のバッハ神話を創り出した張本人であったと言える。
他のバッハ一族の作曲家と区別するために「ベルリンのバッハ」、「ハンブルクのバッハ」などとも呼ばれ、晩年は後に父の尊称となる「大バッハ」とも呼称された。

関連作品

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハが亡くなってから、232年と350日が経過しました。(85088日)