芸能人・経営者のおくやみ情報

佐藤初女 氏(さとうはつめ)

福祉活動家[日本]

(「森のイスキア」主宰)

2016年 2月1日 死去乳がん享年96歳

佐藤 初女(さとう はつめ、1921年10月3日 - 2016年2月1日)は、日本の福祉活動家、教育者。
1992年より青森県の岩木山山麓に「森のイスキア」と称する悩みや問題を抱え込んだ人たちを受け入れ、痛みを分かち合う癒しの場を主宰。
それ以前は弘前市内で自宅を開放して同様の活動をしており、こちらは「弘前イスキア」と呼ばれていた。
素朴な素材の味をそのままに頂く食の見直しにより、からだから心の問題も改善していくことができると訴えた。
「イスキア」とは、イタリア西南部のナポリ湾の西に浮かぶイスキア島の名前から採られたもの。
ナポリの富豪の息子で、何不自由ない暮らしをしていた青年が、この島を訪れて、贅沢三昧の生活から、自分を静かに振り返ることを学び、そこの司祭館に滞在したというエピソードから借用されたものである。
佐藤自身もカトリックの信者だった。

関連作品

佐藤初女さんが亡くなってから、6年と193日が経ちました。(2385日)

「佐藤初女」と関連する故人