芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨアン・オーガスト・アルフェドソンJohan August Arfwedson

化学者[スウェーデン]

(リチウムを発見)

1841年 10月28日 死去享年50歳

 - ウィキペディアより引用

ヨアン・オーガスト・アルフェドソン(Johan August Arfwedson、1792年1月12日-1841年10月28日)はスウェーデンの化学者で、1817年にリチウムを発見した。
アルフェドソンは卸売り商人と工場のオーナーを営む裕福な中産階級の家庭に生まれた。
1803年にウプサラ大学に入学し、1809年に法学、1812年に鉱物学を修めた。
ストックホルムで、アルフェドソンはイェンス・ベルセリウスと知り合い、ベルセリウスの私設研究室に通うようになった。
1817年、この研究室でペタル石の分析中に、彼はリチウム元素を発見した。
1818年から1819年にかけて、彼はヨーロッパ中を旅した。
帰国後は自分の研究室を興し、研究に励んだ。
希少鉱物のアルフェドソナイトは、彼の名前にちなんで命名された。
典拠管理 GND: 117662429 ISNI: 0000 0000 1354 7516 VIAF: 22924770 WorldCat Identities(VIAF経由): 22924770 「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヨアン・オーガスト・アルフェドソン&oldid=62328057」から取得 カテゴリ: 19世紀の化学者スウェーデンの化学者化学元素発見者スウェーデン王立科学アカデミー会員1792年生1841年没隠しカテゴリ: GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WorldCat-VIAF識別子が指定されている記事

「ヨアン・オーガスト・アルフェドソン」と関連する故人