芸能人・経営者のおくやみ情報

レオポルト・グメリンLeopold Gmelin

化学者[ドイツ]

(タウリンを発見)

1853年 4月13日 死去享年66歳

 - ウィキペディアより引用

レオポルト・グメリン(独: Leopold Gmelin, 1788年8月2日 - 1853年4月13日)は、ドイツゲッティンゲン出身の化学者である。
1822年にフェリシアン化カリウムを発見し、1827年にはドイツの生理学者であるフリードリヒ・ティーデマン(en:Friedrich Tiedemann)と共にウシの胆汁中からタウリンを発見した。
1848年にはエステルと考案した学者で、最大の功績は1817年から1819年にかけて全3巻からなる初版の『無機化学ハンドブック』(en:Gmelin database)著者で名高い。