芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョルジュ・ビゼーGeorges Bizet

作曲家[フランス]

1875年 6月3日 死去敗血症享年38歳

ジョルジュ・ビゼー - ウィキペディアより引用

ジョルジュ・ビゼー(フランス語: Georges Bizet、1838年10月25日 - 1875年6月3日)は、19世紀フランスの作曲家。
早世により断たれたオペラのキャリアによりよく知られる。
あまり成功に恵まれなかったものの、最後の作品となる『カルメン』がオペラ史の中でも最大級の人気と上演回数を獲得した。
パリ音楽院での学業成績は華々しく、栄えある1857年のローマ賞をはじめとして数々の賞を獲得した。
傑出したピアニストと看做されていたものの、ビゼーはこの技術で金儲けをするという選択はせず、公の場で演奏することも滅多になかった。
イタリアでほぼ3年間を過ごした後パリに戻った彼は、パリの主要歌劇場では新人の作品よりも確立された古典的演目の方が好まれていることを知る。
鍵盤楽器作品も管弦楽作品も同じく大半が無視された結果キャリアは失速し、主として他者の音楽を編曲する仕事で生計を立てることになった。
成功への挑戦に暇がなかったビゼーは1860年代に多くの歌劇場の仕事を開始するが、その多くが頓挫してしまった。
この時期に上演にこぎつけた2つのオペラ『真珠採り』と『美しきパースの娘』のいずれも、すぐには成功を収めることはなかった。
1870年から1871年の普仏戦争時に国民衛兵として従軍し、戦後には1幕のオペラ『ジャミレ』を発表するも評判は芳しくなかった。
一方、アルフォンス・ドーデの同名の戯曲に付された付随音楽『アルルの女』から編まれた管弦 ……

関連作品

ジョルジュ・ビゼーが亡くなってから、149年と20日が経過しました。(54442日)