芸能人・経営者のおくやみ情報

ロバート・アルトマン 氏

映画監督[アメリカ]

2006年 11月20日 死去享年82歳

 - ウィキペディアより引用

ロバート・アルトマン (Robert Altman, 1925年2月20日 - 2006年11月20日) は、アメリカ合衆国の映画監督。
マーティン・スコセッシ、ウディ・アレンと並んで、アメリカの俳優から最も尊敬されている映画監督の一人である。
1925年2月20日、ミズーリ州カンザスシティに生まれる。
1943年、第二次世界大戦中の18歳でアメリカ陸軍航空軍に入隊した。
1946年にカリフォルニアに移住し、コマーシャルの仕事を始める。
1951年、仕事の傍ら短編やドキュメンタリーを製作。
1957年、初の長編劇映画『The Delinquents』を製作。
同年製作したドキュメンタリー『ジェームズ・ディーン物語』はアルフレッド・ヒッチコックに評価された。
1962年、テレビシリーズ『コンバット!』の演出を務めた。
同作は国内の愛国的雰囲気に支持されて、1960年代前半から長きに渡って放映され、日本などでもテレビの普及とともに人気を博したが、同年代の後半にベトナム戦争の泥沼化とともに厭戦や反戦の気分が高まったことで製作が中止された。

関連作品