芸能人・経営者のおくやみ情報

中里恒子 氏(なかざとつねこ)

作家[日本]

1987年 4月5日 死去享年79歳

中里恒子 - ウィキペディアより引用

中里 恒子(なかざと つねこ、1909年12月23日 - 1987年4月5日)は、日本の小説家。
本名・恒。
神奈川県生まれ。
1939年に国際結婚をテーマにした『乗合馬車』『日光室』で女性初の芥川賞を受賞。
人生の機敏を典雅な文体で描いた。
戦後は『歌枕』『時雨の記』など老境を描いた作品を多く発表した。
日本芸術院会員。

関連作品

  • タイトル
    新装版 時雨の記 (文春文庫) (文春文庫 な 5-4)
    種別
    文庫
    著者
    • 中里恒子
    出版社
    文藝春秋
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥638
    中古商品
    ¥1より
  • タイトル
    歌枕
    種別
    単行本
    著者
    • 中里恒子
    出版社
    新潮社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥700
    中古商品
    ¥700より

中里恒子さんが亡くなってから、36年と333日が経ちました。(13482日)