芸能人・経営者のおくやみ情報

マノエル・ド・オリヴェイラ 氏Manoel de Oliveira

映画監督[ポルトガル]

2015年 4月2日 死去享年108歳

 - ウィキペディアより引用

マノエル・ド・オリヴェイラ(Manoel de Oliveira [mɐnuˈɛɫ doliˈvɐjɾɐ], 1908年12月11日 - 2015年4月2日)は、ポルトガルの映画監督。
ポルト県ポルト出身。
現役最高齢の劇映画監督であった。
日本ではかつて「マノエル・デ・オリヴェイラ」と表記されていたが、ポルトガル語ではアクセントがない語尾の“e”は弱い「ウ」と発音されるため、『クレーヴの奥方』(日本では2001年公開)以後は「ド」に変更されて紹介されている。
また、「マヌエル」の表記も用いられてきたが、本人の希望は「マノエル」である。

関連作品

「マノエル・ド・オリヴェイラ」と関連する故人