芸能人・経営者のおくやみ情報

リチア・アルバネーゼ 氏

ソプラノ歌手[イタリア]

2014年 8月15日 死去享年106歳

リチア・アルバネーゼ(Licia Albanese、1909年7月22日 - 2014年8月15日)は、イタリア出身のソプラノ歌手。
バーリの生まれ。
地元でエマヌエーレ・デ・ローザ、ミラノでジュゼッピーナ・バルダザーレ=テデスキに師事し、1934年にミラノのリリコ劇場でプッチーニの《蝶々夫人》を歌ってデビューを飾った。
1937年にはコヴェント・ガーデン王立歌劇場でプッチーニの《トゥーランドット》のリュー役およびヴェルディの《ファルスタッフ》のナンネッタ役で出演する。
その翌年にはフィレンツェ五月音楽祭でハイドンの《無人島》に出演した。
1940年から1960年までニューヨークのメトロポリタン歌劇場を中心に活躍し、アルトゥーロ・トスカニーニによるオペラ・レコーディングにも参加した。
その後は、サンフランシスコ歌劇場などでも歌い、1970年代に第一線を退いた。
1974年にオペラ歌手、作曲家、演出家や演奏家など若手のオペラ関係者を支援するリチア・アルバネーゼ=プッチーニ財団を立ち上げた。
1995年には、ビル・クリントンアメリカ合衆国大統領からアメリカ国民芸術勲章、2000年にはニューヨーク市からヘンデル・メダルを贈られた。

関連作品

「リチア・アルバネーゼ」と関連する故人