芸能人・経営者のおくやみ情報

ナディン・ゴーディマー 氏Nadine Gordimer

作家[南アフリカ共和国]

2014年 7月13日 死去享年92歳

ナディン・ゴーディマー - ウィキペディアより引用

ナディン・ゴーディマー(Nadine Gordimer、1923年11月20日 - 2014年7月13日)は南アフリカの作家。
1991年にウォーレ・ショインカに次いでアフリカ人で二人目となるノーベル文学賞を受賞した。
父はリトアニアからのユダヤ系移民、母はイギリス系のユダヤ人。
9歳から創作活動をはじめる。
一時期はイヴリン・ウォーの『スクープ』を読んでジャーナリストを志望したこともある。
16歳のときに短篇が雑誌に掲載され、本格的に作家活動をはじめる。
『保護管理人』(1974年)で、ブッカー賞を受賞。
2014年7月13日、ヨハネスブルグの自邸にて死去したことが明らかにされた。
90歳没。
作品 アパルトヘイトの欺瞞を淡々とした筆致でユーモラスに告白する作風で知られる。
特に短編小説集『フライデーの足跡(Friday's Footprint)』(1960年)はイギリスやアメリカで高く評価されている。
また、アパルトヘイトに対するリアリズム文学として芸術性が高いと言う評価もなされている。