芸能人・経営者のおくやみ情報

アルバート・バンデューラ 氏Albert Bandura

心理学者[カナダ]

2021年 7月26日 死去鬱血性心不全享年97歳

 - ウィキペディアより引用

アルバート・バンデューラ(Albert Bandura 1925年12月4日 - 2021年7月26日)は、自己効力感や社会的学習理論で知られるカナダ人心理学者。
カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業後、1952年、アイオワ大学にて博士号を取得。
アメリカのスタンフォード大学の心理学教授を長く務め、1974年には、アメリカ心理学会会長も務めた。
1950年代後半、当時優勢であった行動主義学習理論の中で、社会的学習理論(モデリングによる学習)を提唱したことでも知られる。
従来の学習理論が、学習する個体(人間や動物)自身の経験を前提としていたのに対し、学習が他の個体の行動を観察することによっても成り立つことを実証し、新たな理論づけを行った。
1990年代に提唱された自己効力感についての理論は心理学にとどまらず、教育学や社会学にも大きな影響を与えた。
2002年の調査では、バンドゥーラはバラス・スキナー、ジークムント・フロイト、ジャン・ピアジェに続き4番目に多く引用される心理学者であり、存命中の人物の中ではトップである。
バンドゥーラは、存命中の心理学者で最も偉大な人物であり、そして史上最も影響力のある心理学者のひとりとされる。

関連作品

アルバート・バンデューラさんが亡くなってから、65日が経ちました。

「アルバート・バンデューラ」と関連する故人