芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード・テラー 氏Edward Teller

物理学者[ハンガリー→アメリカ]

2003年 9月9日 死去享年96歳

エドワード・テラー - ウィキペディアより引用

エドワード・テラー(Edward Teller、 もとのハンガリー名ではテッレル・エデ(Teller Ede)、 1908年1月15日 - 2003年9月9日)は、ハンガリー生まれでアメリカに亡命したユダヤ人理論物理学者である。
アメリカの「水爆の父」として知られる。
ローレンス・リバモア国立研究所は彼の提案によって設立された。
本来の専門分野では、原子核物理学、分子物理学などで多くの業績があり、代表的なものにヤーン・テラー効果やBETの吸着等温式がある。
生涯 生い立ちと学歴 1908年、オーストリア=ハンガリー帝国のブダペストで弁護士の父と、銀行家の娘で4カ国語をこなす才媛の母のもとに生まれた。
テラー家は、裕福なユダヤ人知識階級であった。
幼少のころから算数の才能を見せ、学校に上がる前に足し算・引き算のみならずかけ算を覚えたという逸話がある。
11歳のころの1919年3月21日、オーストリア=ハンガリー帝国は崩壊し、クン・ベーラ率いるハンガリー共産党が政権を握り、ハンガリーの企業・土地といった資産をすべて国有化した。

関連書籍