芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・ウィザリングWilliam Withering

植物学者化学者医師[イギリス]

1799年 10月6日 死去享年59歳

 - ウィキペディアより引用

ウィリアム・ウィザリング(William Withering、1741年3月17日 - 1799年10月6日)は、イギリスの植物学者、地質学者、化学者、医師である。
ジギタリス(ゴマノハグサ科)の臨床試験を行い、強心利尿剤としての薬効を発見した。
実験薬理学のパイオニアとされる。
ルナー・ソサエティの一員でもあった。
シュロップシャーのウェリントンに生まれた。
1762年から1766年までエディンバラ医学校(英語版)で学び、1767年からスタッフォード王立診療所のコンサルタントとして働いた。
1775年に医師のエラズムス・ダーウィンの推薦を受けて、バーミンガム・ジェネラル・ホスピタルの医師となった。
1783年に肺結核を自覚し、ポルトガルに2度、静養のため避寒するが、2度目のポルトガルからの帰途、海賊に襲われるという経験をした。
ジギタリスの薬効は、水腫の民間薬として用いていたシュロップシャー州の老婆が処方した薬草の中から突き止めた(以前からジギタリスが水腫に効くらしいことは一部で知られていた)。
ウィザリングは9年以上かけてその植物の各部位の薬効を調べ、156の治療適用(または163人の患者とも)の結果により、その適量や用法を調べ、1785年にその成果を "An account of the foxglove and some of its medical uses; with practical remarks on the dropsy, and some other diseases" として出版した。
治療した患者の中には、エラズムス・ダーウィンの依頼を受けた患者もいた。
1785年、ダーウィンは"An Account of the Successf ……

「ウィリアム・ウィザリング」と関連する故人