芸能人・経営者のおくやみ情報

阪谷朗廬(さかたにろうろ)

漢学者、官吏[日本]

1881年 1月15日 死去享年60歳

阪谷 朗廬(さかたに ろうろ、1822年12月29日(文政5年11月17日) - 1881年(明治14年)1月15日)は、日本の漢学者、儒学者。
江戸時代末期は教育者として、明治維新後は官吏としても活動した。
東京学士会院議員。
諱は素(しろし)であり、阪谷素名義での著作もある。
朗廬は号である。
幼名は素三郎、通称として希八郎も用いた。
阪谷芳郎(大蔵大臣、東京市長)の父。

関連作品

阪谷朗廬が亡くなってから、140年と325日が経過しました。(51460日)

「阪谷朗廬」と関連する故人