芸能人・経営者のおくやみ情報

フレデリック・コンヴァースFrederick Shepherd Converse

作曲家[アメリカ]

1940年 6月8日 死去享年70歳

フレデリック・シェパード・コンヴァース(またはカンヴァース)(Frederick Shepherd Converse, 1871年1月5日 - 1940年6月8日)はアメリカ合衆国の作曲家・音楽教師。
賛美歌≪慈しみ深き友なるイエスは≫(または文部省唱歌≪星の世界≫)の作曲者のチャールズ・コンヴァースとは別人である。
フレデリック・コンヴァースの祖先に音楽家は一人もいないことから、チャールズ・コンヴァースとは血縁関係になかったものと思われる。
マサチューセッツ州ニュートンに生まれる。
ハーヴァード大学に入学し、ジョン・ノウルズ・ペインに音楽理論その他を師事。
1893年に音楽学により最優等の成績で卒業した。
その間、ボストンでジョージ・ホワイトフィールド・チャドウィックにも作曲を学び、その推薦状を得てミュンヘンのヨーゼフ・ラインベルガーのもとに留学する。
1898年に帰国。
1905年にアメリカ人作曲家として初めて、メトロポリタン歌劇場よりオペラを上演された。
その後も精力的にオペラの創作・上演に取り組み、≪欲望のパイプ≫(1910年)、≪生け贄≫(1911年)、≪船乗りシンバッド≫などを作曲した。
現在コンヴァースは、標題音楽の作曲で成功を収めることのできた最初のニューイングランドの作曲家として、アメリカ音楽史にその名を残している。
コンヴァースは、R.シュトラウスなどの同時代のヨーロッパの後期ロマン派音楽に根強く影響されていたが、着想の源はしばしばアメリ ……

「フレデリック・コンヴァース」と関連する故人