芸能人・経営者のおくやみ情報

畑中純 氏

漫画家、版画家[日本]

2012年 6月13日 死去腹部大動脈瘤破裂享年62歳

畑中 純(はたなか じゅん、1950年3月20日 - 2012年6月13日)は、日本の漫画家。
男性。
福岡県小倉市(現:北九州市)出身。
漫画家としてだけでなく、版画家としても活動した。
16歳の時に漫画家を志すようになり、福岡県立小倉南高等学校卒業後は肉体労働をしながら、1コマ漫画を描き始める。
1974年に1コマ漫画集『それでも僕らは走っている』を自費出版。
1977年『月夜』でデビュー。
1979年から『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)にて10年近く続いた連載『まんだら屋の良太』(第10回(1981年度)日本漫画家協会賞受賞)で知られるようになる。
東京工芸大学芸術学部マンガ学科教授をつとめた。
2012年6月13日、腹部大動脈瘤破裂のために死去。
62歳没。
作風 独特の絵柄とともに、暴力性・エログロナンセンス・幻想性などを、力強い庶民性で健康的なユーモアへと異化させる、個性的な作風を持つ。
版画を用いた表紙を描くことが多い。
デビュー前に志向していた1コマ漫画は、トミー・ウンゲラーや久里洋二の影響を受けていたものであったが、デビュー以後にストーリー漫画を描くようになってからは、つげ義春や山上たつひこの影響を受けるようになる。

畑中 純氏(はたなか・じゅん=漫画家、版画家)13日午前1時5分、腹部大動脈瘤(りゅう)破裂のため東京都府中市の病院で死去、62歳。北九州市出身。葬儀の日取りは未定。喪主は長男元(げん)氏。 代表作に、日本漫画家協会優秀賞を受賞した「まんだら屋の良太」など。版画では「セロ弾きのゴーシュ」など宮沢賢治作品を多く手掛けた。東京工芸大教授を務めていた。 

  • 題名
    まんだら屋の良太 [VHS]
    監督
    青木雄三
    出演俳優
      発売元
      バンダイビジュアル
      時間
      40分
      発売日
      1989年9月22日
      新品価格
      中古商品
      ¥ 2,000 より

    はたなか-じゅん 1950-2012昭和後期-平成時代の漫画家。昭和25年3月20日生まれ。昭和52年「話の特集」掲載の「月夜」でデビュー。54年から「漫画サンデー」連載の「まんだら屋の良太」が人気を博し,56年日本漫画家協会賞優秀賞。テレビドラマ化された。平成19年東京工芸大教授。平成24年6月13日死去。62歳。福岡県出身。小倉南高卒。作品はほかに「ミミズク通信」など,版画集に「宮沢賢治,銀河へ」など。 (引用元 コトバンク)

    「畑中純」と関連する人物(故人)