芸能人・経営者のおくやみ情報

ヌールッディーンNūr al-Dīn Maḥmūd b. Senkī

ザンギー朝 第2代君主[シリア]

(12-13世紀にシリア等を支配)

(ユリウス暦) 1174年 5月15日 死去享年57歳

 - ウィキペディアより引用

ヌールッディーン・マフムード(Nūr al-Dīn Maḥmūd b. Senkī、1118年 - 1174年5月15日)はシリア等を支配したセルジューク朝系のアタベク政権であるザンギー朝の第2代君主(在位:1146年 - 1174年5月15日)。
アタベク・イマードゥッディーン・ザンギーの子で十字軍国家やエジプト(ファーティマ朝)、ダマスクス(ブーリー朝)と戦い領土を広げ、イスラム勢力の統一を計った。
ヌレディンまたはヌール・アッディーンと表記されることが多い。
十字軍側の史料では「Noradinus」などと称されていた。
名前の語義は「宗教/信仰の光」を意味する。

関連作品

「ヌールッディーン」と関連する故人