芸能人・経営者のおくやみ情報

梶常吉(かじつねきち)

七宝職人[日本]

(オランダの七宝を研究して尾張七宝を創始し、幕末明治期に活躍した。)

1883年 9月20日 死去享年81歳

享和3年5月生まれ。尾張藩士の家に生まれ、庄屋恒川家の養子となる。七宝を古写本やオランダの標本で研究し,1832年独自の製法を完成。藩命もあってその後も製作に没頭,日本の七宝工芸の基礎を築いた。この技法は遠島村の林庄五郎に伝えられて遠島七宝となり,同村は七宝村(現・七宝町)の名に変わった。明治16年9月20日死去。本姓は加地。(参照元・平凡社 百科事典マイペディア)

関連作品

梶常吉が亡くなってから、138年と27日が経過しました。(50432日)

「梶常吉」と関連する故人